Dandy French
それは美しく、力強く、生命力に溢れたフランス料理
英語はおろかフランス語も話せなかった青年が、 たった一人でフランス、スイス、ベルギーの星つきレストランで武者修行。 
20年もの歳月をかけてフランス料理の真髄“ガストロミー”を体感した。
Corne de chasseの笛が響けばジビエの季節。 
ハンターと共に山に入り、森を駆け巡り 肉の最適な食べごろを手の触感と色で見極める経験を積んだ。
Il est impossible de dire à la viande n’a pas été dit les  chasse. 
どんな辺鄙な土地でも、 本物の料理に出会うためなら厭わないグルマンたちへ 
人生をかけて創り出す一皿の重みも知った。
このエスプリを生まれ故郷の東京で伝えたいと思った。
“Bien Manger?” 答えは “Bien sur” 
いざ、新しい旅への出発である。
オーナーシェフ 古屋賢介 kensuke furuya

1973年  東京生まれ
1999年 料理修行の為、渡欧。ベルギー ミシュラン三ツ星レストラン『レストラン・ブリュノー』にてフランス料理の基礎を学ぶ
2000年 スイス ミシュラン二ツ星レストラン『ドメーヌ・ド・シャトー・ヴイュー』にて、(温前菜・野菜料理)部門シェフ 
2002年 ベルギー パティスリー 『ル・サントーレ』(ベルギーの菓子店)にて、菓子の製造、仕上げ、フランス菓子の基礎を学ぶ。同年、フランス ミシュラン三ツ星レストラン『ランスブルグ』にて、魚料理を担当
2003年 ベルギー ミシュラン二ツ星レストラン『オー・ガストロノム』にて(冷前菜・デザート)部門シェフ
2006年 代々木上原レストラン『ル・キャバレ』料理長就任 ※当時東京で最も予約の取れない店として話題となる
2008年 二度目の渡欧。 オーナーシェフ:ミシェル・リボット氏の熱望により、ベルギー『オー・ガストロノム』料理長に就任
2010年 帰国。開業へ向け準備期間へ。
2015年 『FURUYA augastronome』開店